コスタネオロマンチカ号乗船記2日目(東京)

昨日出航予定だったコスタ・ネオロマンチカ号ですが、急遽出航がとりやめになりました。

というわけで、晴海にて船中泊。

キャンセルした奄美大島での行動予定

奄美大島で予約していたタクシーとカヌーはキャンセルの電話を入れました。
とても楽しめそうだったので残念です・・・。

もしかしたら奄美大島に寄港される方のお役に立つかもしれませんので予約していたプランをご紹介します。

タクシーに港までお迎えに来ていただき、黒潮の森マングローブパークにて1時間カヌーを楽しむコースでした。
帰りもタクシーで送っていただき、正味4時間ほどのコースの予定です。

●タクシー:田中タクシー様で予約しました。
マングローブパークの予約時間まで少し余裕がありそうだったので、到着までの間見どころを回ってくださるはずでした。

●カヌー:黒潮の森マングローブパークにて予約しました。

クルーズ船の場合、寄港時間が短いことも多いですので短い時間で目一杯楽しむにはどうしたらいいか考える必要があります。

朝食

朝食はビュッフェレストラン「ジャルディーノ」へ。

入り口で消毒です。

レーンにはたくさんのお食事が並びます。


パンも美味しそうです。


少し控えめ?に・・・。


レーンには気になるメニュー「フライドトフ」が。

 


もう一つ気になったメニュー「おむすび」とともに「フライドトフ」をいただきました。

「フライドトフ」要するに豆腐に衣をつけて揚げたものです。
おにぎりには甘く煮てある肉が挟まっていました。違和感ありましたが・・・割と美味しかったです・・・。

外国船籍の船が用意してくれる和食は和食風のものであり、完璧なものではありませんがちょっとした心遣いは嬉しいものです。

東京観光へ!

東京に住んでいますが、意外と「スカイツリー」に行ったことがありませんでしたので、
観光に行くことにしました。

昨日、こちらから出発するつもりだったのですが・・・。
迎えられてしまいました。

スカイツリーをここまで間近で見るのは初めてです。

「神の視点」とでも言えるでしょうか・・・。
すばらしい光景が見られました。前日の雨が降ったせいか空気が澄んでいて遠くまで見渡せました。

せっかく東京観光をしているので追加料金を支払い更に100メートル高いところから景色を眺められる「天廊回廊」まで行きました。
ここに行くと「ガラスの床」というエリアがあり、下が見えるのですが・・・。高所恐怖症の私は縮み上がりました!!

ランチ

東京ソラマチにある回転寿司のお店「トリトン」へ。大行列でしたが回転早かったので割と早く順番が回ってきました。

デカネタでボリューム満点。そして新鮮な魚の旨味が最高です。通常の回転寿司の半分くらいの皿枚数でお腹いっぱいに・・・。

最初に味噌汁をいただきました。この日はカニ味噌汁。花咲ガニがふんだんに入っておりました。

無事に帰船。夕焼けが美しくコスタ・ネオロマンチカ号の船体に映えていました。
今日は出航できそうです。

帰船中、神戸から乗船予定だった方々が晴海に来るのを見かけました。
急な抜港となり、神戸からの方は長距離の移動となってしまったので大変だったと思います。

ディナー

さっきデカネタ寿司を食べたばかりなのですがもうディナーの時間に。

前菜:たらのフリッターガーリックマヨソース

パスタ:ミートラグーソース

メイン:
チーズフランを選びました。ふわっとしたチーズ味のスフレのような卵??美味しかったです。
家族はビーフシチューを食べていましたので一口もらいましたがとても美味しく、そっちにしてもよかったかなとちょっと後悔。

 

デザート:ズコット

チョコレートバーでのんびり

食後はマジックショーを楽しみ、シャワーを浴びたあと娘をキッズクラブに送り出しました。
ドーナツパーティを楽しんだ後、思いっきり遊びまくり、クラブの外にまで娘のけたたましい笑い声が漏れておりました・・・。

その間の親は・・・

自由時間となった我々夫婦はデッキ9のチョコレートバーに。
ピアノとチェロの生演奏を楽しみながら美味しいコーヒーをいただきました。

ちょうど、ティラミスの無料サービスもあり、ダブルで美味しい素敵な時間に。

有料のコーヒーはやっぱり美味しい。2.6ドルです。

その他のコーヒーも高すぎることもない普通のお値段です。

部屋に帰るとベットカバーでリボンが。
クリスマスらしい感じで素敵でした!!

この日の夜、海は大荒れ。船も揺れておりました。
ただ、デッキに出てみたところ、半端ない風雨。真っ直ぐ立つこともできない状態でした。大自然の脅威を感じます。
この状態を考えるとクルーズ船はやはり揺れが軽減されるようになっているのだなと感じます。

明日は終日公開日。のんびり過ごします。

この日の船内新聞

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家・イラストレーター。 早稲田大学卒業後(株)三越勤務。結婚を機に退職した後ソニーに勤務。 エンターテインメントロボットAIBOのWEBサイトデザイン・制作を中心にWEB関連の業務を歴任。